Category Archives: 未分類

資格サポートがある学校が良い

専門学校は就職を目的に通っている人ばかりではありません。確かに高い就職率を誇る専門学校ですが、中には会社命令や休職して通っている人や、退職して通っている人もいます。そのような人たちは就職することが目的ではなく、資格を取得することが目的であることがほとんどです。自分のスキルアップや業務に必要なためなど、それぞれ様々な理由があって通学しているのですが、目的は資格取得のためなのです。

すでに働いている人たちがわざわざ通うのでしょう?それは高い取得確率だからに他なりません。資格によっては学校に通わなくても受験資格があるものもあります。ですが確実に取るには、専門学校に通ったほうがよいのです。まず専門の講師陣がポイントを教えてくれます。予備校でもそうですが、やはり専門家に教えてもらうというのが何よりも効率が上がるのです。そして決定的に違うのは、資格取得のためのサポートを行ってくれるという点です。独学の場合はサポートなどはありません。自分で調べ、自分で決め、それを自分で判断しなくてはいけません。それが遠回りや間違っていたとしても訂正してくれる人はいないのです。ですが専門学校は講師陣だけでなく、スタッフが一丸となって資格取得のためのサポートを行ってくれます。受験生は資格のための勉強に集中できる環境が作れるのです。

専門学校選びは大切

専門学校やその名の通り、専門技術や専門家になるための学校です。4年生大学ですと、1~2年生の時期は勉強をしながらどの方向に進むのか決める余裕があります。ですが専門学校はその道に進むには有利なのですが、それ以外の道には強くなく、融通は利きません。また同じ専門分野であっても、学校によって就職先に強い企業があります。そのため入学する前に、学校の選定はしっかりと行う必要があります。また専門学校は大学の国公立のように安い学校はありません。私立と同様にその負担は実費です。そのため学校により学費などに差があります。同じ資格を得るにも、必ず差が生じますので学校別に資料で確認を行ってください。

ただこの価格の差は、商品のように儲けだけの差ではありません。講師陣の違いであったり、経費(工業系の材料代とか)の違いであることがほとんどで、ただ学費だけで判断するのは避けたほうがよろしいでしょう。確かに学費という経済状況は重要になってきますが、先に述べているように専門学校は学校によって就職先に違いがあります。そのため一つだけ条件を絞り込んで選定するのではなく、どこを妥協して、どこは妥協できないのか、しっかりと考えて選ぶ必要があるのです。

やりたい仕事は専門学校へ

新卒の就職率があがってきていますが、実際にはどうでしょうか?景気は上がっていると数年前からいわれていますが、あくまで数字上のものであり、生活をしている我々には実感がありません。全国における中小企業の割合は99.7%であり、働いている人の割合は70%くらいです。ですが総売上になると、中小企業が26%ほどで、残りが大企業になります。7割以上を稼ぐ大企業の成績が良ければ、全体的に上がるのは当然であり、中小企業に勤める人が多い庶民の実感としては景気はあがっていないのです。タイトルとかけ離れているように感じますが、実はこのことを理解していないと就職は難しいのです。

言い方は悪いですが、ほとんどの大企業は新卒に即戦力は求めていません。売上と働いている人間の数から考えても、余力があります。人を育てる余裕があるのです。また組織が大きいため、扱い辛い天才は必要としません。教えられた会社の仕事をできる見込みのある秀才を採用するのです。では7割の人が働いている中小企業はというと、会社の余力には差がありますが、そのほとんどは即戦力を欲しがっています。一から教えることもありますが、研修などは大企業から比べると短い期間もしくは働きながらという企業がほとんどです。何も知らない人に一から教えると、基礎を知っている資格を持っている人に会社のやり方を教えるとではかかる時間が大分違ってきます。専門学校ではそのための資格を取得するためだけでなく、その資格を必要としている企業の斡旋を行っています。夢や目的など具体的な目標がある人には、専門学校のほうが有利なのです。